【図解説】TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法をゼロからていねいに説明!

当ページを読んで分かること

  • TItanFXのユーザー登録・口座開設方法
  • TitanFX入出金手続き方法

この記事ではTitanFX(タイタンFX)のユーザー登録から・開設方法(TitanFXで口座を開設するにはユーザー登録が必須となります)さらに、入出金方法手続き方法までご紹介していきます。

それでは、早速本題はいってきましょう!

TitanFXのユーザー登録・口座開設手順

 

ユーザー登録メイン情報の入力

TitanFXの公式サイトにアクセスしたら、ライブ口座を作成しましょう。「リアル口座を開設」をクリックします。

 

 次にメールアドレスやパスワードの入力を行い、「さあ、始めましょう」をクリックしてください。

※もし英語表記になっていたら、右上の「日本語」をクリックしましょう。

各項目の説明

・メールアドレス

ご自身がよく利用しているものを登録しておきましょう。ただし、携帯メールやウェブアドレスなどは使用できないので、注意して下さい。

■softbank.jp

■ne.jp

.etc

・パスワード

TitanFXの口座管理ページで、パスワードを設定しましょう。パスワードの設定条件は以下の通りです。

・英数字7文字以上

・大文字1文字以上

・小文字1文字以上

これらの条件を満たし、予測されにくい複雑なパスワードを作成しましょう。パスワードは必ずメモを取るなどして、保管しておいてください。

 

ユーザー登録詳細情報の入力①

各項目を選択し&選択ミスがないかチェック出来たら、取引規約などの資料に目を通しておきましょう。

問題なければチェックを付けて「次へ」をクリックしましょう。

 

各項目の説明

・取引口座を選択してください

次に取引口座の設定を行います。以下の画面で各項目を設定していってください。TitanFXでトレードを行うための設定なので、自分好みに選択してOKです。

 

・プラットフォーム

取引プラットフォームでは「MT4」と「MT5」のどちらかを選択します。MT5の方が高性能ですが、容量が大きいことやカスタマイズ機能が限定されていることから、こだわりのない方や初心者の方はMT4の選択をおすすめします。

 

・口座タイプ

TitanFXでは「スタンダード」と「ブレード」2種類の口座タイプが用意されています。それぞれの特徴を確認しておきましょう。

口座名 往復取引手数料(ロットあたり) 平均スプレッド(ドル円)
ブレード口座 3.5ドル 0.8pips
スタンダード口座 0ドル 1.8pisp

ブレード口座は手数料がかかりますが、そちらを加算してもスタンダード口座より低コストで取引ができるので、TitanFXはブレード口座一択でOKです。

・レバレッジ

TitanFXでは最大レバレッジが500倍まで設定することができます。トレードの幅を広げる意味でも最大の500倍がおすすめです。ちなみに、レバレッジは口座開設後に変更することが可能です。

ベース通貨

ベース通貨は、JPY(日本円)USD(米ドル)AUD(豪ドル)SGD(シンガポールドル)EUR(ユーロ)から選択可能です。好きな通貨を選択しましょう。

 

ユーザー登録詳細情報の入力②

次に住所や氏名など、個人の情報を入力していきます。

各項目の解説

・氏名を入力(ローマ字)

氏名をローマ字で入力しましょう。日本語表記とは違い、下の名前⇒名字の順番です。

・名・・・下の名前を入力

・姓・・・名字を入力

 

・生年月日を入力

生年月日を入力してください。日本語の表記とは逆に、日にち⇒月⇒西暦の順番で入力を行います。

(例)   1980105日生まれ⇒05/10/1980

 

・TitanFXをどこで知ったのか記入

TitanFXを知ったきっかけを記入しましょう。Webサイト検索、知人の紹介、比較サイトで見つけた・・・など。こちらは必須ではないので、空欄にしておいても大丈夫です。

 

さらに以下の内容を入力していきます。

入力ミスがないことを確かめたら、「取引口座を開設する」をクリックしましょう。

各項目の解説

・国

 日本であれば「Japan」を選択すればOKです。

 

・電話番号

電話番号を入力しましょう。81(日本の国番号)を選択したら、電話番号を入力すればOKです。

080-1111-2222」の場合、0を取って「80-1111-2222」と入力してもOK

03-2222-1111」の場合も、0を取って「3-2222-1111」と入力してもOK

 

・住所を入力

住所は英語表記で入力します。こちらも日本語表記とは逆で、番地から入力していく必要があります。英語表記の方法が分からない方は、国会議事堂の住所で表記方法を確かめてください。

〇日本語表記  〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目7

〇英語表記   1-7-1, Nagatacho, Chiyoda-ku,Tokyo-To,100-1014

TitanFXの入力欄には以下のように入力します。

住所⇒1-7-1,Nagatacho

市町村区⇒Chiyoda-ku

都道府県⇒Tokyo

郵便番号⇒1001014

以上で個人情報の入力が終了です。

メールアドレスの認証

口座開設手続きが完了したら、TitanFXから登録したメールアドレスに通知が来ます。もし、この時点でメールアドレスが届いていなければ、迷惑フォルダも確認しておきましょう。

 

メールの「確認」をクリックすると、メールアドレスの認証が行われます。

 

これで口座開設の完了です。

TitanFXの入出金手続きについて

 最後に入出金手続きについて簡単に紹介しておきます。

入金時には本人確認書類の提出が必要になるので、本人確認書類と住所確認書類の2点を提出し、手続きを済ませておいてください。

TitanFXの入金方法

マイページにログイン後、ダッシュボードの①「入金」→②「取引口座」→「③入金方法」をそれぞれ選択しましょう。

 

入金方法をチェックし、入金金額を選択、あるいは入力してください。

補足

今回はクレジットカード入金を例として解説しています。

クレジットカード入金の場合は、利用するクレジットカードの詳細情報を入力しましょう。

※CVVとは、カード裏面に書かれている3桁、あるいは4桁の数字のことです

すべて入力し、間違いのないことが確認出来たら「入金JPY」をクリックして入金作業完了となります。

TitanFXの出金方法

出金方法についてもマイページのダッシュボードから手続きを行います。

①「出金」→②「取引口座を選択」→「③出金方法」をそれぞれ選択していきます。

入金や出金にかかる手数料、反映時間は入出金方法によって異なります。

公式サイトや比較サイトなどで確認して、最適な方法を選択しましょう。

 

まとめ

 今回はTitanFXの口座開設方法について紹介しました。画面が見やすく難しいところもありません。

入力ミスにだけ気を付ければ、海外FX初めての方でもスムーズに手続きを行えるようになっていますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

それでは、最後までお読み下さり、ありがとうございました。

当サイト限定企画
億トレーダーの手法を無料で完全継承する企画

 

完全放置でお金を増やし続ける企画

おすすめの記事