海外FXで損失が出た場合は確定申告は必要!?様々な事例をもとに徹底解説!

当ページを読んで分かること

  • 海外FXで出た損失は確定申告が必要かどうか
  • 海外FXで出た損失を確定申告した方が良い事例
  • 利益が出ても確定申告しなくても良い事例
  • 海外FXで認められる経費について

近年、海外FXはハイレバレッジやゼロカットシステムなどメリットが多いので日本人のFXトレーダーにも非常に人気があります。

しかし、海外FXを利用して、残念ながら損失が出てしまったという方もいらっしゃると思います。

利益が出た場合は、当然確定申告は必要になりますが、損失が出た場合、確定申告をした方が良いのか迷う方も多いでしょう。

そこで今回は海外FXで損失を出してしまった場合の確定申告についてわかりやすく説明します。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

海外FXの税金は、雑所得の総合課税

海外FXに適用される税金は、雑所得の総合課税になります。

国内FXは海外FXとは異なり、適用される税金は雑所得の申告分離課税になりますので注意しましょう。

国内FXの場合、利益に対しての課税される税率は、利益の金額にかかわらず一律20.315%です。

この20.315%という税率は、株式や投資信託などの主要な金融商品に係る税率と一緒になります。

一方で海外FXに適用される税率は、総合課税で利益によって異なり、最大税率は55%と非常に高いので注意が必要です。

海外FXを始めとするFXの場合、確定申告の時にまとめて納税することになります。

納税時期になって手元にお金がないということが発生しがちになるので、必ず上記の税率は把握しておきましょう。

海外FXにかかる税金は非常に高額になる可能性があるということをしっかり認識しておきましょう。

そして、利益が出た場合は確定申告をする必要があるという事は多くの方がご存知かと思いますが、海外FXで損失が出た場合、確定申告する必要はあるのでしょうか?

損失が出た場合、確定申告はしなくてもOK!

結論から言いますと、海外FXで損失が出た場合、確定申告する必要はありません。

利益ではなく損失なので税金を納める必要がないからです。

しかし、確定申告をしなくても咎められる事は一切ありませんが、海外FXで損失が出た場合も確定申告をした方が良いケースがあることをご存知でしょうか?

次の章では、海外FXで損失が出た場合でも確定申告をした方が良いケースについて説明をします。

損失が出た場合、確定申告すべき人は2パターンある!

海外FXで損失が出た場合、確定申告すべき人は主に2つのケースに分かれます。

損失を確定申告した方が良いケース
  • 他の業者の海外FX口座で利益が出た場合
  • FX以外の総合課税の雑所得がある場合

    確定申告をした方が良いケースについてわかりやすく説明していきますね。

    他の業者の海外FX口座で利益が出た場合

    例えば、海外FX業者A社で100万円の利益が出て、海外FX業者B社で100万円の損失が出たとします。

    この場合、海外FX業者A社の100万円の利益は、絶対に申告しなければなりません。

    かかってくる税金は、総合課税なので人によって異なりますが、最大の税率で55%かかりますので、100万円に対して最大55万円税金が取られることになります。

    しかし、申告をした本人からすると海外FX業者B社で100万円の損失を出しているのに納税しないといけないというのは納得できないですよね。笑

    では、この場合はどうすれば良いのでしょうか?

    それは海外FX業者B社の損失分も確定申告すればよいのです。

    海外FX業者同士の損益については通算することができますのでこのケースの場合、海外FX業者 B社の損失を申告すれば、取られる税金はゼロになります。

    もちろん、自分で勝手に計算をして損益がプラスマイナスゼロだからといって確定申告をしなくていいわけではありません。

    異なるFX業者を使っていて損益がプラスマイナス0になっている場合は、必ず確定申告するようにしましょう。

    海外FX以外の総合課税の雑所得がある場合

    海外FX以外の総合課税の雑所得がある場合も、海外FXで出た損失を確定申告するようにしましょう。

    総合課税の雑所得とは、例えば、副業で得た収入・バイナリーオプションで得た利益・仮想通貨で得た利益・アフィリエイト収入・メルカリ等の転売収入などが当てはまります。

    これらの収入がある場合、確定申告をすることによって利益と損失をぶつけることができますので必ず確定申告を行うようにしましょう。

    海外FXの利益は絶対に確定申告すべきなの?

    海外FXの損失が出た場合、確定申告した方が良いケースについて説明をしてきました。

    しかし、海外FXで利益が出た場合、絶対に確定申告をしなければいけないのか疑問に思っている方もいるでしょう。

    多くの方は、「利益が出たんだから確定申告しないといけないでしょう」思われていると思います。

    しかし、利益の金額によって確定申告しなくても良いケースがあるのです。

    利益が出ても確定申告をしなくても良いケースは2つあります。

    損失を確定申告した方が良いケース
    • 給与所得を得ている方で海外FXを含む雑所得の収入が20万円以下の場合
    • 給与所得を得ていない方で海外FXを含む雑所得の収入が38万円以下の場合

    この2つに当てはまるケースの場合、たとえ利益が出たとしても確定申告する必要はありません。

    利益分まるまる手元に残すことができますのでぜひ知っておいてくださいね。

    海外FXの節税方法について

    海外FXは国内FXと違い繰延損失を行うことができません。

    少ない利益の場合、海外FXの方が税率的に有利になりますが、節税の観点から考えると国内FXより不利といわざるを得ないでしょう。

    しかし、海外FXでも節税をする方法はあります。

    それは経費を計上することです。

    海外FXでも必要経費については計上することができます。

    以下、海外FXの経費として認められるものをまとめましたのでぜひ参考にして下さいね。

    ふるさと納税のメリット
    • FX取引に関する書籍類
    • セミナー費用(交通費なども計上できる)
    • 取引に使用する自動売買プログラム(EA)費用
    • VPS費用(バーチャル・プライベート・サーバー)
    • パソコン代
    • スマホ代

      これらは、海外FXの必要経費として認められますので、確定申告をする際はぜひ計上するようにしましょう。

      まとめ

      今回は、海外FXの損失を確定申告する必要性について重点的にご説明をしました。

      海外FXの損失を確定申告しなくても違法ではありませんが、複数業者を使っていて利益が出ている業者がある場合、その利益が丸々収入分に税金がかかることになってしまうことがあります。

      他の海外FX業者で利益が出た場合や副業を行っている場合などは、必ず確定申告するようにしましょう。

      当サイト限定企画
      億トレーダーの手法を無料で完全継承する企画

       

      完全放置でお金を増やし続ける企画

      おすすめの記事