スキャルピングのメリット・デメリットを徹底解説!スキャピングを成功させるコツは・・

  当ページを読んで分かること

  • スキャルピングのメリット・デメリット
  • スキャルピングを成功させるためのコツ
  • スキャルパーにお勧めの海外FX業者

スキャルピングとは、一度の取引が短くて数秒、長くても10分程度の取引のことです。

超短期売買でどうすれば勝てるのか、今回はポイントを押さえておきたいと思います。

スキャルピングは一度の損失が小さいため、リスクを抑えながらトレードすることが可能です。

スピードが求められるため、初心者にはハードルが高いと言われていますが、コツを知って経験を積んでいけば決して勝てない手法ではありません。

さらに、スキャルピングを成功させるための前提条件として、きちんとしたFX口座選びを行うことが挙げられます。

この記事ではスキャルピングにオススメの口座選びも同時に紹介していきます。

スキャルピングを行うメリットについて

 スキャルピングを行うメリットにはどんなことがあるでしょうか。まずはそのことから考えていきましょう。

気持ちの切り替えがしやすい

 スイングトレードやポジショントレードを行う場合、日をまたいでポジションを保有することになるので、保有期間中は気持ちが休まらないという方が多いものです。

常に相場の状態が気になってしまい、精神的に病んでしまうなんて人もいます。

その点、スキャルピングではポジションを保有している期間が短いので、気持ち的に楽にトレードに臨むことができます。

一日が終われば相場のことは忘れて、FX以外のことに集中しやすいでしょう。

短期間で大きな利益を得られる可能性がある

 スキャルピングは短期間で大きな利益を得られる可能性を秘めたトレード手法です。

小さく売買を繰り返すため、一度あたりの利益は小さくなりますが、その利益を足し合わせれば、非常に大きなものになります。

上昇トレンドであっても、小さく波打ちながらトレンドが進行していくことはトレーダーの方であれば知っているはずです。

このことは当サイトのエリオット波動を使ったトレード手法記事でも紹介させて頂いております。

スキャルピングでは、小さな波の分まで利ザヤを獲得できるため、潜在的に大きな利益を得られる可能性があるというわけです。

もちろん、小さな波をすべて獲得していくことは不可能ですが、少しでも正確に波をとらえていくことが大切になります。

スキャルピングのデメリットは?

一方、スキャルピングにはデメリットもありますので、そちらもあわせて紹介させて頂きます。

手数料がかさんでしまう

スキャルピングのデメリットで真っ先に思いつくのがこれです。一日のうちにトレードを何度も繰り返す場合も多く、その分手数料が多大なものになってしまいます。

トレード自体どっこいどっこいであっても、手数料分負けてしまうといった話もよく聞きます。

後で詳しく説明しますが、取引手数料の安い口座を利用することは成功させるための絶対条件です。

瞬時の判断力が必要になる

スキャルピングは一瞬の値動きを狙った取引が行われることも多く、瞬間的な判断力が求められます。瞬発力や判断力がいるため、人によって向き不向きがあると言われています。

ある程度の経験やコツも要るため、成功させるためのハードルは、デイトレードやスイングトレードなどに比べるとやや高いと言えるでしょう。

スキャルピングを成功させるためには?

次にスキャルピングを成功させるためにはどうすればよいのか考えていきます。

取引量の多い通貨ペアを選択する

スキャルピングと相性のよい通貨ペアというものがあります。スキャルピングに向いている通貨は、テクニカル分析がハマりやすい通貨ペアです。

一般的には取引量が多くて流動性の高い通貨ペアが、そうでない通貨ペアに比べて綺麗に値動きする傾向にあります。

そのため、テクニカル分析も行いやすいでしょう。

流動性の高い通貨ペア

・米ドル

・ユーロ

・日本円

これらは世界の取引量トップ3の通貨です。これらの通貨を含む通貨ペアでスキャルピングすることをおすすめします。

取引が活発な時間帯を選ぶ

エントリーから決済までの時間が短いスキャルピングでは、ボラティリティの大きさが利益を上げるのに何よりも大切になります。

そのため、市場の取引が活発になっている時間帯を狙ってトレードする必要があります。

取引が活発になる時間帯は、世界の主要なマーケットがオープンしているときです。

主要マーケットのオープン時間

・日本時間 (9:00~11:00)
・欧州時間 (16:00~18:00)
・ニューヨーク時間 (22:00~24:00)

これらの時間帯を狙ってトレードすれば、より効率的に稼ぐことができるでしょう。

スプレッドの狭いFX業者を選ぶ

短期間で何度も売買を繰り返すことになるスキャルピングでは、スプレッドが広いと取引にかかるコストが莫大なものになってしまいます。

そのため、スキャルピングを成功させるためには、スプレッドの狭いFX業者を選ぶことは絶対条件と言えるでしょう。

また、そもそもスキャルピングを禁止しているFX会社も多いため、スキャルピングを行う際は利用規約をチェックしておきましょう。

プレッドに加えて取引手数料も考慮した上で、スキャルピングを行うのにお勧めな海外FX会社の口座は紹介していきます。

スキャルピングにお勧めな業者

それでは、最後にスキャルピングにお勧めな業者をご紹介させて頂きます。

XM スタンダード口座(XM)

XM

XMのスタンダード口座は約定力が高いことが大きな魅力です。ボラティリティが大きくても、狙い通りの価格で約定することができます。

スプレッドが広すぎて使えないという声もありますが、実はXMはスプレッドは還元ボーナスがあるため実質のスプレッドは非常に狭い業者です。

ぜひ、一度使ってみて下さいね。

 

ナノスプレッド口座(Axiory)

Axioryのナノスプレッド口座はドル円1万通貨の取引あたりのコストが96円と、非常にリーズナブル取引手数料でトレードを行うことができます。

約定力も非常に高く、サクサクと動きます。

さらに最大取引量が1ポジションあたり1000ロットまで可能ということで、大口のスキャルピングを行いたい人にもおすすめの口座です。

ブレード口座(TitanFX)

TitanFXのブレード口座はドル円1万通貨取引あたりのトータルコスト97円と非常に安く、約定力も申し分ありません。

最小取引数量は1000通貨、最大取引数量は1000万通貨となっており、少額取引を行いたい方から大口取引を行いたい方まで、幅広いニーズに対応していると言えるでしょう。

ILC口座(Tradeview)

Tradeview

TradeviewのILC口座はドル円1万通貨取引あたりのトータルコストが65円と非常に安いことが大きな魅力です。スキャルピングを繰り返し行っても、大きな負担にはなりません。

初回入金額は10万円とやや高いので、どちらかというと中級者や上級者向けの口座と言えるでしょう。

プロ口座(TICKMILL)

TICKMILLのプロ口座はドル円一万通貨取引あたりのトータルコストは64円と、非常に安い取引手数料を実現しています。

初回入金額は1万程度で良いので、初心者の方や少額取引を行いたい方にもオススメすることができます。

まとめ

スキャルピングは含み損をかかえることも少ないためメンタルにも優しいトレードスタイルです。

また、空いた時間にパパっと稼ぐこともできるので、兼業トレーダーの方にもお勧めでしょう。

当サイト限定企画
億トレーダーの手法を無料で完全継承する企画

 

完全放置でお金を増やし続ける企画

おすすめの記事