【注意】海外FX業者を利用することは実は違法になる!?真実がココにあります

当ページを読んで分かること

  • 海外FX業者を利用することは違法なのかどうか
  • 海外FX業者に対する日本金融庁の見解
  • 優良海外FX業者を選ぶポイント

海外FXといえば、桁違いのレバレッジや豪華なボーナスなどが魅力ですよね。

国内FX業者の最大レバレッジは25倍ですが、海外FX業者の中には3,000倍を超えるレバレッジを提供しているところもあります。

レバレッジが高いという事は、資金効率が高い運用をすることができるという事になります。

この記事を読んで下さっているあなたも一度は海外FX業者を利用してみたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

ただ、日本では海外FX業者=違法といった印象操作が世間からされてしまっているので、海外FX業者を利用することに躊躇している方が非常に多いというのが現状です。

そこで今回は海外FXが違法であるかどうかについて詳しく説明させて頂こうと思います。

結論、海外FXを利用することは違法ではない!つまり、全く問題なし。

インターネットで海外FXと検索すると、海外FXは違法であるといった内容の記事を見かけることがあります。

しかし、正当に運営している海外FX業者は違法ではなく利用しても全く問題ありませんのでご安心下さい。

海外FX業者の中には、後ほど説明しますが日本国内で積極的に勧誘活動をしているような業者もあるようですが、そのような海外FX業者に関しては違法になります。

しかし、適切に運営している海外FX業者に関しては違法ではありませんので安心してくださいね。

海外FXが違法ではないと決定づけることができる理由

「本当に海外FX業者を利用することは違法ではないの?」

と心配かもしれませんので、海外FXが違法ではない理由について説明します。

海外FXを日本国内で利用しても違法ではない最大のポイントは、海外FXの拠点が日本ではなく海外にあることになります。

海外に拠点があるため、そもそも日本の法律で取り締まることができないのです。

もちろん、海外FX業者が日本で勧誘活動をしていた場合は日本の法律の適用を受けることになります。

しかし、海外FX業者は日本語に対応しているだけで、あくまでも外国に居住している日本人に向けたものであり、日本居住者に対しては勧誘活動をしていないと明記しています。

つまり、汚い話にはなりますが、海外FX業者は日本に住んでいる人が勝手に海外FX業者を利用しているという運営の仕方をしているのですね。

日本で営業活動をしていない海外の会社を日本の法律で裁くことが出来ないため、日本居住者や海外に居住している日本人が海外FX業者を利用する行為を違法にすることは出来ないわけです。

ちなみに、これは何もFXに限った話ではありません。

例えば、海外で犯罪を犯した場合、日本の法律で裁く事はできません。

FX業者も同様で、海外に拠点があるFX業者を日本の法律で裁くことはできないわけですね。

ちなみに、稀にですが日本居住者に対して勧誘行為をやっていしまっている業者もあるので注意してください。

※当サイトでお勧めしている業者であれば、問題ありませんのでご安心ください。

日本の金融庁の見解は?今の状況をどう見ているのか

では、実際のところ日本の金融庁は、現在の状況をどのように見ているのでしょうか?

日本国内でFX会社が営業活動をする場合、当然ながら金融庁が発行する日本のライセンスが必要になります。

しかし、海外FX業者の殆どが、日本で勧誘活動や営業活動を行っていません。

この場合、日本の金融庁の規制をきかすことはできませんが、日本の金融庁も日本居住者が海外FX業者を利用していることを把握しています。

そのため、

金融庁のホームページを見ると海外FX業者に注意してくださいという記載がされています。

公的機関である金融庁がこのような記載をしていると怖くなる方もいらっしゃると思いますが、あくまで海外FX業者に適用される法律は営業している国の法律です。

なので金融庁は、海外FX業者に対して何の権限もないので注意することしかできないわけですね。

では、なぜ金融庁は海外FX業者に対してわざわざ注意を行っているのでしょうか?

理由は様々あると思いますが、1番の要因は、国内FX会社のガス抜きだと考えられます。

かつて国内FX会社の最大レバレッジは400倍という時代もありました。

しかし、消費者保護の観点から金融庁はレバレッジの規制をかけ続け現在は25倍になってしまっています。

レバレッジが高ければ高いほど顧客を集めることができますので国内FX会社の不満はたまりにたまってしまいました。

国内FX会社から見ると、レバレッジが桁違いに高い海外FX業者に日本に住んでいる顧客を取られることが面白いわけがありません

そこで金融庁は海外FX業者を注意することによって、国内FX会社に「ちゃんと対応していますよ」という姿勢を見せたいので海外FX業者に対して注意勧告を行っているんだと推測されます。

何度もお伝えしますが、日本で勧誘活動をしていない海外FX業者を日本に住んでいる人が利用してもまったく問題がありませんので安心してくださいね。

海外FX業者を選ぶ際のポイントは2つ!

海外FXを、日本国内で利用することは違法にならず、特に問題がないことがご理解いただけたかと思います。

しかし、海外FX業者と一口にいってもたくさんの業者がありますのでどこを選んだら良いのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで、海外FX業者を選ぶ際の主なポイントについて2つ紹介させて頂こうと思います。

まず、海外FX業者を選ぶ際の主なポイントは以下の通りです。

各口座の特徴

1.金融ライセンスを取っている業者を選ぶこと

2.長期間日本人向けの運営をしている業者を選ぶこと

1.金融ライセンスを取っている業者を選ぶこと

海外FX業者を選ぶ際は、金融ライセンスを取っている業者を選ぶのがお勧めです。

金融ライセンスとは、「この国でFXの営業活動を行っても良いですよ。」と国からお墨付きをもらう事です。

金融ライセンスには様々な種類がありますが、キプロス証券取引委員会に準拠しているヨーロッパの金融ライセンスを所持している海外FX業者が比較的信頼度が高いといわれています。

海外FX業者を選ぶ際は、このヨーロッパの金融ライセンスを持っているかどうかを1つの基準にすると良いでしょう。

2.長期間日本人向けの運営をしている業者を選ぶこと

海外FX業者を選ぶ際は、長い期間日本人向けの運営をしている業者を選ぶようにするのも良いでしょう。

日本語のホームページの充実度や日本語によるサポート体制などが海外FX業者を選ぶ際の重要なポイントになります。

日本語でのサポートが充実していないと何かトラブルがあったときに対応してもらえない可能性があるからです。

しかし、このように書くと日本語のホームページや日本語によるサポート体制があると日本で営業活動しているのではないかと思われる方もいると思います。

ただこちらも先ほどお伝えした通り、海外FX業者が日本語のホームページやサポート体制をとっているのは、あくまで海外に住んでいる日本人のために作られているものという形になっていますので安心してくださいね。

【注意】海外FX業者で取引する事は自己責任にはなる・・。(まとめ)

海外FX業者で取引する事は、決して違法ではありません。

しかし注意点もあります。

それは海外FX業者で取引する際は自己責任であるということをしっかり認識することです。

日本の金融庁の規制の範囲外になりますので、何かトラブルがあった時に日本の金融庁を頼ることはできません。

もしトラブルが起きても基本的には自分で全て対応することになります。

このように海外FX業者を選ぶ際は、自己責任になってしまいますので安心して利用できる海外FX業者を選ぶようにしましょう。

※何か分からないことなどありましたら、管理人がなるべくサポートしますので、もしよかったらお気軽にご連絡下さいね。

それでは、最後までお読み下さり、ありがとうございました。

当サイト限定企画
億トレーダーの手法を無料で完全継承する企画

 

完全放置でお金を増やし続ける企画

おすすめの記事