FBS(海外FX)の評判オワコン状態!?メリット・デメリットから考える利用価値について

当記事では海外FX業者のFBSについて、本当に利用価値のある業者なのかを徹底的に解説していきます。

先に結論からお伝えするとFBSは、豪華なボーナスでハイレバレッジ取引をしたい方には非常にお勧めできるブローカです。

また、以下のような方は利用する価値が大いにあります。

こんな方にお勧め!
・ハイレバで一気に稼ぎたい方
・小資金から億狙いたい方
・豪華なボーナスをゲットしたい方
・キャッシュバックを受けたい方
・少額から取引したい方
・自動売買をしたい方
・CFD銘柄の取引がメインの方
海外FX業者のFBSについて、良いところも悪いところも全て正直に解説していきますので、是非最後まで読んでくださいね。

それでは、早速本題にはいっていきましょう。

Contents

FBSの概要

会社名 FBS Markets Inc
所在地 1 Orchid Garden Street, Belmopan, Belize, C.A
ライセンス IFSC,CySEC
設立年月日 2009年2月1日
サポート対応時間 15時~24時
公式で公開されているFBS概要説明PV

FBSは、今年で11年目の運用歴を迎える海外FXブローカーです。

日本人にはあまり馴染みがありませんが、世界で見てみると約200カ国で取引がされており1,100万人近いユーザーがいます。

その証として数多くの賞も受賞しており、2019年にはEurope 2019, Best Forex Broker Vietnam などを受賞しています。

FBSが受賞した輝かしい賞について

何の賞だかよくわからない方も多いとは思いますが、とにかく安心安全で高品質サービスを提供している業者のみ送られる賞だと認識していただければOKです。笑

ちなみに、日本人ではまだ馴染みのないブローカーと先ほどお伝えしましたが、実は2020年に入ってからは日本でも人気が徐々に上昇してきています。

特に、最大3,000倍のレバレッジや豪華なボーナスが評価されているようで、口座開設者数も急増しているようです。

(レバレッジ25倍、ボーナス激ショボけちん坊な国内FXブローカーに殺意を持った人達が流れてきているのでしょうw)

FBSの魅力はまだまだたくさんあり、後ほど詳細を全て解説していきますので、ぜひ最後まで読んでいただきFBSの良さについて実感していただければと思います。

FBSの口座スペックについて

まずは、FBSで利用できる口座について説明しますね。FBSでは、6つの口座を用意しています。

それぞれの口座の特徴について表にまとめましたので参考にしてください。
※スマホの方は横にスクロールできます。

口座タイプ Trade 100 Bonus口座(MT5) セント口座 マイクロ口座 スタンダード口座 ゼロスプレッド口座 ECN口座
ボーナスの種類 100ドル口座開設ボーナス 100%入金ボーナス 100%入金ボーナス 100%入金ボーナス 100%入金ボーナス なし
最大レバレッジ 最大100倍 最大1000倍 最大3000倍 最大3000倍 最大3000倍 最大500倍
取引手数料 なし なし なし なし 20ドル/lot 6ドル/lot
平均スプレッド(ドル円) 1.3pips 3.0pips 3.0pips 1.3pips 0pips 0.6pips
キャッシュバックの有無 × ×
注文可能ロット 0.01lot 0.01lot~500lot 0.01lot~500lot 0.01lot~500lot 0.01lot~500lot 0.1lot~500lot
1ロット単位 1000通貨 1000通貨 10万通貨 10万通貨 10万通貨 10万通貨
最低入金額 不要 1ドル 5ドル 100ドル 500ドル 1000ドル
取引形態 NDD方式

 

FBSには様々な口座がありますが、管理人がおすすめなのはスタンダード口座です。

スタンダード口座にはレバレッジ3000倍、100%入金ボーナス、低スプレッドなど、FBSの魅力が全て詰まっています。

ただ、全く資金が用意できない方は無条件で100$もらえるTrade 100 Bonus口座を利用し、後々スタンダード口座に移行していく流れがお勧めです。

ECN口座やノースプレッド口座などのスタンダード口座以外に関しては、他社と比較するとどうしても劣ってしまう部分が多いため、面倒でなければ他の業者を利用すると良いでしょう。

FBSを利用する11個のメリットについて

FBSがどのような業者であるかということやFBSの口座についてご理解頂けたかと思いますので、次はFBSを利用するメリットについて解説していきたいと思います。

まず、FBSを利用するメリット一通り挙げると以下のようになります。

FBSを利用する11個のメリット

1,100ドルの口座開設ボーナス、100%入金ボーナスなど超豪華なCPが盛りだくさんなので低資金からでも問題なく稼げる。

2.取引する度にキャッシュバックが貰えるので、コストを抑えながらトレードが出来る。

3,最大レバレッジが3000倍と完全にイかれているため、資金効率を最大限まで高めたトレードが出来る。

4,安心と安全なゼロカットシステムを採用をしているので借金の心配は一切不要。

5,ユーザの様々なニーズを満たす多様な口座を用意しているので自分にあった目的でサービスを利用することが可能。

6,透明性の高いNDD方式を採用しており、ノミ行為や、ストップ狩りなどの悪い噂は一切なし

7,無料VPSで自動売買取引ができるため、裁量が苦手な方でも稼ぐことが可能。

8,金融ライセンスをしっかりと取得しているので、企業の安全性・信頼性は担保されている。

9,CFD銘柄が非常に豊富なので、様々な銘柄で利益が狙える。

10,便利なビットウォレットにも対応しているので、入金・出金もスムーズに行える。

11,信託保全で資金が守られているので、仮に会社が破産しても資金は全額戻ってくる。

12,ロイヤリティープログラムが非常に豪華で、なんとロレックスやベンツなどの高級品が貰える。

それでは1つずつ詳細を解説していきます。

1,100ドルの口座開設ボーナス、100%入金ボーナスなど超豪華なCPが盛りだくさんなので低資金からでも問題なく稼げる。

まずFBSを利用するメリットとして挙げられるのが、超ド派手で豪華なボーナスキャンペーンがある点です。

FBSは、基本的に以下の2つのボーナスキャンペーンを常時開催しています。

FBSのボーナスCP
  1. TRADE 100 BONUS(口座開設ボーナス)
  2. 100%入金ボーナス

それぞれのボーナスの特徴について実際にボーナスを受け取ったことがある僕が詳しく説明しますね。

1TRADE 100 BONUS(口座開設ボーナス)

TRADE 100 BONUS(口座開設ボーナス)は、Trade 100 Bonus口座を開設したときにもらえるボーナスです。

口座を開設しただけで100ドル(日本円で約1万)ももらえるなんて凄いですよね。

日本のFX会社で口座を開設しただけでこれだけ豪華なボーナスを実施している会社は殆どありませんので、さすが海外FX業者だと言えるでしょう。

もちろんこの100ドルを使って実際にFXトレードをすることが可能であり、出た利益もしっかりと出金することが出来ます。

ただ、豪華な口座開設ボーナスですが、出金するには少し厳しい条件あるので、以下に記載した点に注意しながら利用すると良いでしょう。

TRADE 100 BONUSの利用条件

・1回の最大注文量は0.01lotでMAX同時保有ポジション数は5個。

・取引は裁量取引のみOK。

・レバレッジは100倍まで。

・FXメジャー通貨ペアのみ取引OK。

・利益は、100ドルまで出金可能。

・出金申請は50日以内に1回だけ可能。

・出金条件は30日以内に、100pips以上の利益or損失を出した取引を計5lot以上行うこと。

上記をまとめると、30日以内に5lot以上(建値から100pips以上値幅がある取引のみカウント)の裁量取引を行えば出金可能ということになります。(出金申請は口座開設から50日までOK)
「いや、おい、お前ら出金させる気ないだろ」
と思う方が多いかもしれませんが、実はポンド系やオージ系の通貨ペアで、常にマックス5ポジションを張って取引を行えば意外と普通に出金条件を満たすことが出来たりします。
海外FXを試してみたい、既に他の海外業者を利用しているが他の業者を探している、という方は、ぜひ一度、お試し感覚(運試し)でTrade 100 Bonus口座を利用してみると良いでしょう。

2100%入金ボーナス

FBSのボーナスのメインは、こちらの100%入金ボーナスです。

これはその名の通り入金額の100%をボーナスとして受け取ることができるものになります。

例えば、10万円入金すればボーナスとして10万円受け取ることができますので合計20万円でトレードすることができるのです。

しかも、ボーナスの上限金額は1万ドル(約100万円)とかなり太っ腹な水準になっています。

さらに、こちらのボーナスはよくありがちな初回入金だけでなくボーナス額が、200万円に到達するまで追加入金分も何度も付与してもらえるという素晴らしい内容なのです。

ボーナスは以下に記載した口座タイプ(MT4)が受け取ることが出来ます。

100%入金ボーナス対象口座

  • セント口座
  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ゼロスプレッド口座

    もちろん、ボーナスを使って利益は条件なしで出金することが出来ます。

    また、100%入金ボーナスは条件を満たせばボーナス自体も出金も可能です。

    ボーナスの出金条件

    出金可能額(ドル)=取引lot数×1ドル

    仮に、貴方が10ドル出金したい場合、1lotの取引を10回、もしくは10lotの取引を1回行えばOKということになります。

    資金面に不安がある方もぜひ、FBSの入金100%ボーナスをフル活用して大きな利益を出して下さいね。

    ただ、こちらの太っ腹な入金100%ボーナスですがいくつかの注意点もあります。

    注意点について知らないと思わぬ事態になってしまうかもしれませんので、以下に記載した注意点をしっかり理解しておくといいでしょう。

    100%ボーナスの利用条件

    ➀ボーナスの受け取りはマイページから申請が必要。(申請はクリック作業で完結するので簡単です)

    ②現在の残高が初回入金より少ない場合、100%入金ボーナスを受け取ることが出来ない。

    ③ボーナスを受け取ると最大レバレッジは500倍になる。(ボーナスがなくなれば3000倍に変更可能)

    ④ロスカット判定にボーナス分は含まれない。

    ⑤口座残高がボーナス分の30%以下になってしまうとボーナスは消失する。

    ⑥ボーナスを使って取引できるのは30日まで(ボーナスを出金出来るのは50日まで)

    様々な注意点がありますが、②、④、⑤に関しては特に分かりにくいと思いますので、例をご紹介しておきます。

    分かりにくい各注意事項の例

    ②現在の残高が初回入金より少ない場合、100%入金ボーナスを受け取ることが出来ない

    「例」

    50ドルを入金して、ボーナスを受け取ってない状態で取引を行い、2ドルを失ったとします。

    この時、残高は初回入金額の100ドルより少なく、98ドルです。

    したがって、100%入金ボーナスを得ることはできません。

    そのため、ボーナス申請は必ず入金したらすぐに行いましょう。

    ④ロスカット判定にボーナス分は含まれない。

    「例」

    日本で人気なXMなどのボーナスは「口座残高+ボーナス額」を元に証拠金維持率は計算されるため、仮に100ドルの入金をして100ドル貰ったら200ドルで証拠金維持率の計算が行われます。

    しかしFBSの場合は、自身で入金した100ドルのみで、証拠金維持率の計算が行われます。

    そのためボーナス額を基準にしてレバレッジを引き上げた取引を行うと、数pips動いただけで強制ロスカット、といった事態を招いてしまうこともあるので注意が必要です。

    ⑤口座残高がボーナス分の30%以下になってしまうとボーナスは消失する。

    「例」

    500ドル入金し、500ドルのボーナスを受け取ったとします。

    この時、ボーナス資金=500ドル、自己資本=500ドルになります。

    この状態で、自己資金が150ドル(ボーナスの30%の金額)になってしまった場合、ボーナスは全て消失してしまうことになります。

    他の注意点に関しては、比較的分かりやすく、そこまでに大きな問題にはならないと思いますので、➀、③、④の注意点に気を付けながら、ボーナスを活用しましょう。

    2.取引する度にキャッシュバックが貰えるので、コストを抑えながらトレードが出来る。

    FBSではキャッシュバック制度を導入しており、取引する度にキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

    キャッシュバックの上限は570ドルとなっており、この570ドルに到達するまでは何度でもキャッシュバックを受けることができます。

    キャッシュバックの対象口座は以下の通りです。

    キャッシュバック対象口座

    • セント口座
    • マイクロ口座
    • スタンダード口座
    • ゼロスプレッド口座

      Trade 100 Bonus口座とECN口座ではキャッシュバックを受けることはできませんので注意が必要です。

      キャッシュバックの金額は、取引する取引口座や通貨ペアによって異なりますが、最大1回あたり12ドルのキャッシュバックを受けることが可能となっています。

      以下の表に取引口座・通貨ペア別のキャッシュバックの金額についてまとめておきました。是非参考にしてくださいね。

      <1ロット(10万通貨)の取引でもらえる取引口座・通貨別のキャッシュバックの金額(単位米ドル)>

      通貨ペア セント口座 マイクロ口座 スタンダード口座 ゼロスプレッド口座
      AUD/CAD 6 12 6 6
      AUD/CHF 6 12 6 6
      AUD/JPY 6 12 6 6
      AUD/NZD 6 12 6 6
      AUD/USD 2 5 2 2
      CAD/CHF 6 12 6 6
      CAD/JPY 6 12 6 6
      CHF/JPY 6 12 6 6
      EURAUD 3 6 3 3
      EUR/CAD 6 12 6 6
      EUR/CHF 2 5 2 2
      EUR/GBP 2 5 2 2
      EUR/JPY 2 5 2 2
      EUR/NZD 6 12 6 6
      EUR/TRY 4 0 4 0
      EUR/USD 2 5 2 2
      GBP/AUD 6 12 6 6
      GBP/CAD 6 12 6 6
      GBP/CHF 3 6 3 3
      GBP/JPY 3 6 3 3
      GBPUSD 2 5 2 2
      GBP/NZD 3 6 3 3
      NZD/CAD 6 12 6 6
      NZD/CHF 6 12 6 6
      NZD/JPY 6 12 6 6
      NZD/USD 2 5 2 2
      USD/CAD 2 5 2 2
      USD/CHF 2 5 2 2
      USD/JPY 2 5 2 2
      USD/SGD 2 5 2 2
      USD/CNH 6 12 6 6
      EUR/CNH 6 12 6 6
      CNH/JPY 6 12 6 6
      USD/TRY 6 10 6 6
      USD/MXN 6 10 6 6

      キャッシュバックは条件一切なしで出金することが出来るので、ぜひ活用していきましょう。

      3,最大レバレッジが3000倍と完全にイかれているため、資金をフル活用しながら利益が狙える。

      FBSでは、最大3,000倍のレバレッジをきかせてトレードを行うことが出来ます。

      貴方もご存知かと思いますが国内FX会社の最大レバレッジは25倍、また当サイトでもお勧めしている、海外FX会社のXMですら最大レバレッジは888倍になります。

      このことから、FBSは国内FX会社だけでなく、人気の海外FX会社のXMのレバレッジすらも比べ物にならないほど、超ハイレバサービスを提供していることがご理解頂けるかと思います。

      「レバレッジが高いとただリスクが大きくなるだけじゃないの?」

      と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことは一切なく、レバレッジの倍率が高くなれば高くなるほど資金効率は格段に良くなります。

      例えば1ドル100円の時に1,000万円相当の取引をする場合、国内FX会社を利用すると約40万円の証拠金が必要です。

      人気の海外FX会社であるXMの場合でも約11,000円必要になります。

      FBSを利用した場合、なんと約3,300円あれば1,000万円の取引をすることが可能なのです。

      もちろんこれだけ高いレバレッジで取引をすると、あっという間に資金がなくなってしまう可能性もありますが、予想通りの方向に動けば少額の手元資金で大きな利益を出すことが出来ます。

      またそのような一発逆転の取引をしたくない方でも、資金管理をしっかり行って取引をすれば実質レバレッジを下げて運用することも可能です。

      このように、レバレッジというのは結局は使う人次第で有効なものなのか、危険なもなのかが決まるということですね。

      また、そもそものレバレッジが低いとレバレッジの調整ができないということになるため、レバレッジは高ければ高いほど調整幅が広がるのでメリットは大きい言えるでしょう。

      FBSのハイレバレッジを使って取引をすれば少額資金であっても大きな利益を手にすることができる可能性があります。

      FXトレーダーの中には、FBSのような海外FX業者を利用して、小資金から1億円以上の利益を上げているトレーダーがたくさん居ます。

      このように1億円以上の利益を上げているトレーダーのことを億り人と呼んでいるのですが、貴方もぜひ、FBSを利用して億り人を目指してみてはいかがでしょうか。

      4,安心と安全なゼロカットシステムを採用をしているので借金の心配は一切不要。

      FBSは、安心と安全なゼロカットシステムを採用しています。

      ゼロカットシステムは海外FX会社の中では非常に一般的なシステムですが、国内FX会社しか使ったことがない方はピンとこないかもしれません。

      ゼロカットシステムがわからない方もいらっしゃると思いますので、ゼロカットシステムについてしっかり説明しますね。

      ゼロカットシステムはどんなに相場が急変してロスカットが間に合わなくても最大損失額は、FX会社に預けている証拠金で済む強制決済システムです。

      これだけ聞くと、「相場が急変すると持ち金が全部なくなってしまうじゃん。なんの意味もないねー。」

      と思われる方もいるでしょう。

      しかし、最大損失額がFX会社に預けている証拠金で済むというメリットは計り知れなく大きいのです。

      例えば、国内FX会社はロスカットは採用していて、相場が荒れていない平時の時は、あらかじめ決められたロスカットラインでしっかり強制決済をすることができるのですが

      2018年に起きたスイスフランショックの時は、ゼロカットシステムを採用していない国内証券会社を利用していた投資家は大変な目に遭ってしまいました。

      スイスフランショックの時、相場はなんと20分間で約3,800pips動きました。

      38pipsではないですよ!3,800pipsですw

      スイスフランショック時のチャート画面

      わずか20分の間で30%以上為替が動いたためロスカットが正常に発動されないFX会社が続出しました。

      つまり相場の動きが早すぎてあらかじめ決められたロスカットラインをあっという間に通過してしまったのです。

      結果としてあらかじめ決められていたロスカットラインの遥か下で強制決済されてしまい、国内証券会社を利用していた多くのFX投資家は、FX会社に預けている証拠金以上のマイナスを背負うことになってしまいました。

      証拠金以上のマイナスとは平たくいうと借金です・・。

      多くのFXトレーダーは多額の借金を背負うことになってしまったということですね。

      自己資金でマイナス残高を解消できる人はまだ良かったですが中には自己資金では、マイナス残高を解消できない人も続出してしまいました。

      このようなFXトレーダーは、金融機関に借金をして返済するかそれでも返済が間に合わない場合は一生をかけてFX会社に返済をしていく必要があります。

      自己破産をしてしまえば良いのではないかと思われる方もいると思いますが、投資を理由に借金をした場合、自己破産が認められる可能性は極めて低いのです。

      スイスフランショックによって人生を狂わされた方は非常に多いと思います。

      一方、FBSが採用しているゼロカットであれば借金をする心配は一切ありません。

      最悪の場合、証拠金全額なくなってしまう可能性がありますがどんなに相場が急変しても借金をしなくて済む安心感は非常に大きいと思います。

      FBSはこのゼロカットを採用しているので最大3,000倍というハイレバレッジを最大限に活かしてトレードすることができるということですね。

      5,ユーザの様々なニーズを満たす多様な口座を用意しているので自分の目的にあわせてサービスを利用することが出来る。

      FBSでは、様々な口座タイプが用意されているため、自身の目的に応じて自由に使い分けることが出来ます。

      先ほども説明しましたが、FBSは、6つの口座を用意しています。

      FBSの口座一覧

      • Trade 100 Bonus口座
      • セント口座
      • マイクロ口座
      • スタンダード口座
      • ゼロスプレッド口座
      • ECN口座

      1ドルから取引することができるセント口座や、メイン口座として申し分のないスペックを誇ったスタンダード口座、スプレッドがない代わりに取引手数料がかかるゼロスプレッド口座など、様々な特徴のある口座をFBSは用意しています。

      スタンダード口座以外に関しては、他社で提供されている同様タイプの口座と比較する劣ってしまう点がありますが、このように多様な口座を提供してFXトレーダーのニーズを満たしているのもFBSが人気である理由の1つと言えるでしょう。

      6,透明性の高いNDD方式を採用しているため、レート操作やストップ狩りなどの心配は不要。

      FBSは、透明性の非常に高いNDD方式を採用しています。

      NDDとはノットディーリングデスクの略であり、FX会社のディーラーを通さずに市場からとったレートを直接FXトレーダーに提示する方法のことをいいます。

      市場のレートをそのままFXトレーダーに提示をするので非常に透明性が高い方式と言われています。(FBSに限らず多くの海外FX会社はNDD方式を採用しています)

      一方、国内FX会社の多くはDD方式を採用しています。

      DD方式とは、ディーリングデスク方式の略で、市場から取ったレートをFX会社のディーラーを通してFXトレーダーに提示する方法です。

      DD方式の場合は、市場からとった為替を一時的にFX会社が保有することになりますのでFXトレーダーとは利益相反の関係になります。

      つまり、国内FX業者の場合はFXトレーダーが利益を出すとFX会社の損失になり、逆にFXトレーダーが損失を出すとFX会社の利益になるのです。

      このように利益相反の関係にあるので、「FX会社が恣意的にトレーダーが不利になるようにレートを動かしているのではないか、トレーダーが負けるようにストップ狩りなどを行っているのではないか」と常に疑われている取引方式になります。

      もちろん、透明性の高いNDD方式を採用しているFBSは、レート操作やストップ狩りといった悪い噂は一切ないので安心してトレードに専念することが出来るでしょう。

      7,無料VPSで自動売買取引ができるため、裁量が苦手な方でも稼ぐことが可能。

      FBSは、無料VPSを使って自動売買取引を行うことが出来ます。

      VPSとはバーチャルプライベートサーバーの略であり、24時間稼働する仮想サーバーのことです。

      FXの自動売買を本格的に行うためにはPCを24時間稼働することができる環境が必須となり、24時間の自動売買の取引環境を用意するには、通常は専用のパソコンを自分で用意するか、VPSサーバーを自身で契約する必要があります。

      ただ、どちらもそこそこ費用がかかってしまうため、誰でも手軽に出来るわけではありません。

      しかし、FBSなら一定の条件を満たすと無料でVPSサーバーを使うことができます。

      利用条件は以下の通りです。

      VPSを利用する条件
      • トータル入金額が450ドル以上
      • 毎月3lot(30万通貨)以上の取引

      これだけの条件でVPSが無料で使うことができるのは非常に大きいですよね。

      FBSの無料VPSサーバーにEAを設置すれば、手軽に常時稼働の24時間の自動売買環境を作ることが可能となります。

      FBSはTrade 100 Bonus口座以外なら自動売買をガンガン利用してOKなので、自動売買メインで稼ぎたい方はにもFBSは非常にお勧めと言えるでしょう。

      8,金融ライセンスをしっかりと取得しているので、企業の安全性・信頼性は担保されている。

      FBSは、ベリーズの金融ライセンスを取得しているので企業の安全性・信頼性は担保されています。

      ベリーズはまだまだ認知度が低いですが、ユーザーから高評価を受けている人気海外FX業者のAXIORYも取得しているライセンスです

      もちろん、FBSは今まで大きなトラブルが一切ないので、安心して利用することが出来るかと思います。

      9,豊富なCFD銘柄、仮想通貨もトレード出来るので利益を狙えるチャンスがたくさんある。

      FBSでは、FX以外にCFD銘柄や仮想通貨もトレードをすることが出来ます。

      もちろん、全て同一の口座で取引を行うことができますので、新たに口座を開設する必要はありません。

      1つの口座で様々な金融商品の取引をすることができることもFBSを利用する大きなメリットの1つといえるでしょう。

      10,便利なビットウォレットにも対応しているので、入金・出金もスムーズに行える。

      FBSは、ビットウォレットに対応しているので入出金がスムーズに行うことが出来ます。

      ビットウォレットを介せば、入金の手数料は基本的にかかりませんし、FBSで出た利益の出金も約800円程度で出金すること可能です。

      入金は即日反映・出金は最短1日で行うことができることもありがたいですね。

      11,信託保全で資金が守られているので、仮に会社が破産しても資金は全額戻ってくる。

      FBSは、信託保全なので、仮に会社が破綻しても自身の資金は全額戻ってきます。

      信託保全とは、顧客の資金をFBS固有の資金とは別に管理することをいいます。

      顧客の資金は、信託銀行に預けられて管理されますので、万が一FBSが倒産してしまっても顧客の資金は守られるということですね。

      銀行のペイオフ(上限1,000万円+利息)のように、保全される資金に上限はありませんので大きな資金で取引する方も安心してFBSを利用できるでしょう。

      12,ロイヤリティープログラムが非常に豪華で、なんとロレックスやベンツなどの高級品が貰える。

      FBSには豪華な賞品が貰えるロイヤリティプログラムを用意しています。

      ロイヤリティプログラムとは、取引金額などによってポイントが貯まっていくプログラムのことをいいます。

      獲得したポイントは、様々な豪華な商品と換えることができ、メルセデスベンツやロレックス・iPhoneやiPadなどの豪華な賞品と交換することが出来ます。

      ロイヤリティプログラムは、ポイントによってグリーン、シルバー、ゴールド、プラチナ4つのステージに分かれており、取引量やを証拠金残高に応じてランクアップしていきます。

      より豪華な賞品と豪華したい方はプラチナランクを目指しましょう。

      注意点として、ロイヤリティプログラムに参加するにはマイページから登録が必要になりますので(クリック作業だけで簡単に出来ます)、FBSに口座を開設したらすぐにロイヤリティプログラムにも登録するようにしましょう。

      FBSを利用する際に気を付けるべき3個のデメリットについて

      FBSには、様々なメリットがありますが、FBS利用するデメリットも当然ながらあります。

      FBSを利用する際に気を付けておくべき主なデメリットは以下の3つです。

      FBSを利用する際に注意すべきデメリット
      1.日本語の対応が不十分なので使いづらい。
      2,取扱通貨ペアがやや少ないのでマイナー通貨を取引したい方には不向き。
      3,国内銀行送金に対応していないので若干不便。

      FBSを利用する主なデメリットについてわかりやすく説明していきますね。

      1.webページの日本語訳が不自然すぎて若干使いづらい。

      FBSのwebページは、お世辞にも日本人に親切な作りになっているとは言えません。

      一応FBSのホームページは日本語で書かれていますが、英語ページを翻訳ソフトにかけただけのような片言日本語訳になっているため、初めてFBSのホームページを見た方は正直怪しいと思うはずです。

      違和感MAXなFBSの日本語HP

      「これはデモではありません、本物のお金と口座を与えます」

      完全に直訳しました感出てますよねw

      「利潤獲得、最高の顧客体験」こんな言葉はあまり聞きませんよねw

      せっかく素晴らしいサービスを提供しているので、ホームページの作成にも力を入れていただきたいものですね。

      ただ、カスタマーサービスに関しては、日本人がメールで対応してくれるため、安心して利用できるでしょう。

      2,FXの取扱通貨ペアが少ないため、マイナー通貨を取引したい方には不向き。

      FBSで取引できるFX通貨ペア数は、35種類と少ないです。

      充分多いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、多くのFX業者が50種類以上の取引通貨ペアを扱っているのを考えるとやはり少ない部類に入るかと思います。

      ちなみに、FBSの取扱通貨ペアは以下のようになっています。

      USDCAD USDCHF USDCNH USDJPY USDMXN USDRUB USDTRY
      EURAUD EURCAD EURCHF EURCNH EURGBP EURJPY EURNZD
      EURUSD GBPAUD GBPCAD GBPCHF GBPJPY GBPNZD GBPUSD
      AUDCAD AUDCHF AUDJPY AUDNZD AUDUSD NZDCAD NZDCHF
      NZDJPY NZDUSD BTCUSD CADCHF CADJPY CHFJPY CNHJPY

      メジャー通貨は人通り取り揃えているので問題ないかと思いますが、マイナー通貨に関しては他の業者と比べても取引できないものが多いため、気を付けるといいでしょう。

      3,国内銀行送金に対応していないので若干不便。

      FBSは、国内銀行送金に対応していません。

      国内銀行からの送金に対応しておらず、JCBブランドのクレジットカードを持っていない場合は、ビットウォレットを作る必要があります。

      ビットウォレットを作成すれば、VISAブランドのクレジットカードを持っていなくても、FBSに入金することは可能です。

      なので国内銀行送金に対応していない事はそんなに大きな問題ではありませんが、すぐに取引を始めたい方にとっては問題点となるので注意が必要でしょう。

      FBSに関する良い評判・悪い評判

      ここで、FBSをリアルで利用している方達の評判をご紹介します。

      FBSに関する良い評判

      FBSに関する悪い評判

      https://twitter.com/FXtoremaru/status/1266278643652681730?s=20

      https://twitter.com/01forthemoney/status/1252836986269790209?s=20

      https://twitter.com/torafuku_/status/1082586391136034821?s=20

      レバレッジの高さ、ボーナスの豪華さ、出金が速い点などが高評価を受けているようですね。
      逆に、口座開設ボーナスの出金条件が厳しい、ECN口座の手数料が高い、価格が滑るといった点が低評価されていました。
      ボーナスの出金条件やECN口座の手数料が高いという点は、管理人もFBSに改善してほしいと思っていますが、価格が滑る点に関しては管理人自身はあまり経験したことがないのでなんとも言えないですね・・。
      一応調べてみたところ、やはり、早朝や深夜といった時間帯は滑りやすいみたいなので、気を付けた方が良いかもしれません。

      FBSのまとめ

      FBSは、超豪華なボーナスやハイレバレッジやゼロカットなど国内FX会社にはない様々な魅力があるので、管理人が自信を持ってお勧めできる海外FX業者の1つです。

      ただ、ホームページに違和感があったり、取引通貨ペア数が少ないデメリットもあるので注意は必要です。

      しかし、そのようなデメリットを考えてもFBSを利用するメリットは非常に大きいと管理人は考えていますのでぜひ、FBSを上手く利用して夢の億り人になって下さいね。

      今回の記事が、FBSで取引をするきっかけになっていただければ幸いです。

       

      当サイト限定企画
      億トレーダーの手法を無料で完全継承する企画

       

      完全放置でお金を増やし続ける企画

      おすすめの記事